ギャンブルというゲームは楽しい

ギャンブルというゲームは楽しいです。

ゲームですから、勝ったり負けたりします。
それが逆に人を熱くしてしまうのです。

次こそは絶対に勝つと思うからです。

ギャンブルを全くしないという人がいますが、結構宝くじなどを買っている人は多いようです。

あの宝くじもギャンブルだと言えます。
当たる金額が非常に大きいので、一攫千金を夢見て多くの人がくじを購入します。
競馬などを何千円単位で楽しいんでいる方が遙かに当たる確率は高いはずなのですが、それでも宝くじは買ってしまいます。
夢が非常に大きく求められるからです。

購入してから発表までの間はすごくドキドキとしながら夢を楽しむことが出来ます。
その間が一番楽しいと言えます。
でも、最近全く当たりません、以前は1000円ほどの当選は結構していたのに、この何年間は全くです。

逆にこれだけ当たっていないのだから次に当たるときは大きいのではと期待をしています。

やりたいことは山の様に有ります。
それを実現するには宝くじに当たるしか方法はありません。
でも多くの枚数を買うことは出来ないので、毎回一枚買うようにしています、当たるときはたった一枚で当たると思うからです。

そもそも何百万分の一か何千万分の一しか当たりが無いのですからそんな簡単に当たることはありません。当たっても何かの間違いという感じにしか思えないはずです。

それ故、当たればラッキー当たらなくて当たり前という感じでくじを購入しています。
僕にとっての唯一の楽しみで大きなギャンブルだと思います。
競馬もたまにやりますが、このところは全く出かけていっていません。競馬をするときは競馬場へ出かけなければ楽しくないからです。

もちろん一人でわざわざ出かけるほど競馬好きでは無いので、友人などの誘いが無ければ出かけていきません。競馬場の雰囲気が好きなのです。

多くの人が馬券を買い、馬が走るところを必死で見る。終われば数多くの外れ馬券が宙を舞う、あの雰囲気が好きなので競馬場へ出掛けていくのです。

家でたまに競馬中継を見ますが、余りおもしろくはありません。