ギャンブルとしてのパチスロにはまる初心者

この頃少し下火になってきたと言え未だにパチスロは流行っている。十分にギャンブル的な要素が存在するのでやり過ぎて負けが込んでしまうとそのまま身を滅ぼしてしまうような事も起こり得るゲームである。
しかし人間はあることがあるとそのままパチスロにはまってしまうようなことがあるから恐ろしいものである。ではなぜパチスロに嵌るのかそれは最初の数回やった時にどういう結果が起こったかで変わるものだと思っている。

例えば初めてや最初の数回でほとんど勝つことが出来ずに負けてばかりいた場合には所詮パチスロはギャンブルだと思ってしまいこのままいくとまずいという思いが頭の中で働いてほとんど手を出さなくなるか反対に嫌いになって全くやらなくなってしまう。
しかしこの数回で勝ち続けたり、何回か負けてもものすごい大勝をやらかしてしまったときには大変である。何しろ負けてしまったときに失うお金というもの結構大きなものであるが大勝をしたときには投資金額の何倍も手元に帰ってくることがある。その成功体験がずっと頭の中に残りその喜びにまた浸りたいと思ってしまい、パチスロやパチンコに嵌っていってしまう人の心理だと言えるだろう。自分も友達に連れて行ってもらったときに何回か負けが続いたが何回目かで一気に何倍もの投資金額帰ってきたことがある。幸いはまると怖いと思っていたのでそのままズルズルはまることはなかったが今でもあの時の事はちゃんと覚えているほどなのでやはり怖いなと思ってしまう。